新潟県青少年健全育成県民会議



ホーム > 県民会議からのお知らせ

県民会議からのお知らせ

第39回少年の主張全国大会内閣総理大臣賞受賞者が知事を表敬訪問しました

 
第39回少年の主張全国大会において、内閣総理大臣賞を受賞した平澤幸芽(ひらさわこうめ)さんが、
知事を表敬訪問しました。

 日 時  平成29年12月14日木曜日 午後4時30分から45分まで
2 場 所  県庁行政庁舎東回廊3階 知事室
3 表敬者氏名 平澤 幸芽(ひらさわこうめ)さん(新潟県立燕中等教育学校2年)
        
4 大会結果等  第39回少年の主張 全国大会
         内閣総理大臣賞を受賞



はじめに、平澤さんから「たくさんの方から声援をいただき、本番では自分らしく主張することができ、
内閣総理大臣賞を受賞しました」と大会報告がありました。
米山知事からは、「(いじめについては)その場で友達に伝えること以上に、文章にして、多くの人に
伝えることはより勇気のいることですね。この内容を、ぜひ、多くの小学生、中学生、高校生にも共有
してほしいですね」という言葉がありました。


内閣総理大臣賞 平沢幸芽さんの発表原稿はこちらから
 


<歓談の様子>
 

<知事と記念撮影>



 
 

このページの先頭へ戻る

☆平成29年度明るい家庭づくり運動に関する作文を募集しています☆

 県では、毎月第3日曜日を「家庭の日」と定め、明るい家庭づくり運動を推進しています。

 この運動を広く県民に知ってもらい、家族や家庭のあり方について考えてもらうことを目的に、下記のとおり作文を募集します。

【募集概要】
 

○テーマ 
  『明るい家庭』 明るい家庭の様子が具体的に思い浮かぶもの
  《例》・大好きな◯◯(家族)   
     ・家庭の中での私のしごと
     ・働くお父さんお母さん   
     ・家族そろって◯◯に参加して
     ・家族への感謝の手紙
     ・わが家の自慢
     ・わが家と近所の家族とのあたたかい交流 
     ・わが家の家庭の日の過ごし方
     ・よりよい家庭生活にするための提案   等
   ※題名は自由ですが、必ずつけてください。

○応募対象
 県内の小学生

○応募作品
 ・小学校1~2年生・・・・400字詰原稿用紙1~2枚
 ・小学校3~4年生・・・・400字詰原稿用紙2~3枚
 ・小学校5~6年生・・・・400字詰原稿用紙3~4枚
 

○応募方法
 ・学校で取り組む場合
  各学校でとりまとめ、新潟県福祉保健部児童家庭課へ送付してください。
 ・個人で応募する場合
  作品を直接、新潟県福祉保健部児童家庭課へ送付してください。

○募集締切
  平成30年1月18日(木)

【審査・表彰式】
 平成30年2月上旬に優秀作品を決定し、2月18日(日)に県立生涯学習センター(県立図書館)大ホールにて表彰式を行います。
 また、最優秀賞、優秀賞、奨励賞、新潟日報社賞受賞者に対し、賞状、副賞(図書カード)及び記念品を授与し、佳作入選者に対し、賞状及び副賞(図書カード)を授与します。

 ・最優秀賞   賞状及び図書カード 5000円分、記念品
 ・優秀賞    賞状及び図書カード 3000円分、記念品
 ・奨励賞    賞状及び図書カード 2000円分、記念品
 ・新潟日報社賞 賞状及び図書カード 2000円分、記念品
 ・佳作     賞状及び図書カード 1000円分



【その他】
 ・原稿用紙の1行目に題名、2行目に学校名・学年、3行目に氏名(漢字ふりがなを明記)、4行目から
  本文を記入してください。
 ・応募作品は返却しません。
 ・応募作品の著作権は主催者に帰属します。
 ・提出期日を厳守してください。


【応募作品の送付先】
〒950-8570
 新潟市中央区新光町4-1
 新潟県福祉保健部児童家庭課 青少年育成係


【募集要領】

募集要綱はこちらから /topics/files/elfinder/bosyuuyoukou.pdf




 

このページの先頭へ戻る

【第39回少年の主張全国大会】平澤幸芽さんが内閣総理大臣賞を受賞しました!

 

1112()に、国立オリンピック記念青少年総合センターで「第39回少年の主張全国大会」が開催され、新潟県代表として出場した新潟県立燕中等教育学校2年・平澤幸芽(ひらさわこうめ)さんが内閣総理大臣賞を受賞しました。

 

今年度の「少年の主張」には、全国の中学生約54万人が参加しました。平澤さんは「平成29年度わたしの主張新潟県大会」で最優秀賞を受賞し、新潟県代表として関東・甲信越静ブロック審査会に進み、代表3人のうちの1人として選出され、全国大会に出場しました。

 

平澤さんは、「仲間を守る一言」というテーマで発表しました。周りに同調し理由なく級友を無視したことに、自己嫌悪に陥っていたあるとき、自分を変える一言に出会ったことから、勇気を出し周囲に「もう、やめよ」と言い、そして全員で級友に謝罪しました。この経験といじめによる中学生の自殺の報道から、いじめには周囲の態度にも責任があると思い至り、自分の意見をきちんと表明する一言が仲間を守る一言になることを、力強く訴えました。 

 



<受賞の様子>
 

<内閣総理大臣賞を受賞した平澤さん>


審査結果はこちら
 
 

このページの先頭へ戻る

子ども・若者育成支援強調月間 各地で広報活動を展開します

   新潟県青少年健全育成県民会議では、毎年11月を「子ども・若者育成支援強調月間」と定め、大人の責務として地域の子どもは地域で守り育てる気運の醸成を図ることを目的に、県と連携し県民ぐるみの青少年健全育成運動を推進しています。
   運動の一つとして、下記のとおり広報活動を展開します。

1 街頭キャンペーン
  県内各地の高校生の協力を得て、街頭キャンペーンを開催します。
(1)開催日時
  ア 上越地域 平成29年11月19日(日) 8時から10時まで
  イ 中越地域 平成29年11月11日(土) 13時から15時まで
  ウ 下越地域 平成29年11月25日(土) 10時30分から12時30分まで
         (終了時間は、配布状況により変動の可能性があります)
(2)内容
  地元の高校生(5~10名程度)が、スマートフォンや携帯電話の利用に関する啓発グッズ
 (パンフレット・ポケットティッシュ)を配布します。

(3)場所及び協力校  
  ア 上越地域 リージョンプラザ上越、上越高等学校・関根学園高等学校
  イ 中越地域 アオーレ長岡、長岡大手高等学校
  ウ 下越地域 イオン新潟南、新潟西高等学校

2 CMの放映
  長岡造形大学が制作した子ども・若者育成支援強調月間CMを放映します。
  放映場所     ・長岡大手通 まちかどビジョン 
 
3 ラジオCM(FMにいがた放送との共同キャンペーン)
  FMにいがたで、「ヤン」さんと「モトキ」さんが、コミカルに掛け合う、
 「おめさん、どうらねぇ」のラジオCMを放送しています。
  「大人が変われば子どもも変わる」を合言葉に、健全育成には大人が模範となり
 示していかなければならないというメッセージを伝えています。

  本CMは、このホームページの「『おめさん どうらねぇ?』ラジオCM」
 でも聞くことができます。
  
    また、YouTube‐新潟県公式チャンネル 青少年健全育成県民会議 
  「『おめさん どうらね?』シリーズ」では、あの名作ポスターとともに
 ご覧いただけます。
    ○親子の会話編
  ○電車編
  ○夜遊び電話編
 
 ぜひ、お聞きください。
 
 

 

このページの先頭へ戻る

「平成29年度わたしの主張新潟県大会」を開催しました

 9月18日(月・祝)に柏崎市文化会館アルフォーレ(柏崎市日石町4-32)で「平成29年度わたしの主張新潟県大会」を開催しました。台風の影響も心配されましたが、柏崎市をはじめ、多くの方から来場いただきました。

 県内13地区から代表として選ばれた中学生が、日常生活を送る中での思いや考え、感銘を受けた経験などを自分の言葉で堂々と発表しました。

 最優秀賞には、「仲間を守る一言」を発表した新潟県立燕中等教育学校2年の平澤幸芽(ひらさわこうめ)さんが選ばれました。

 平澤さんは、周りに同調し理由なく級友を無視したことに、自己嫌悪に陥っていたあるとき、自分を変える一言に出会ったことから、勇気を出し周囲に「もう、やめよ」と言い、そして全員で級友に謝罪しました。この経験といじめによる中学生の自殺の報道から、いじめには周囲の態度にも責任があると思い至り、自分の意見をきちんと表明する一言が仲間を救う一言になることを、力強く訴えました。

 最優秀賞を受賞した平澤さんは、本県代表として関東・甲信越静ブロックの代表を決める審査会に推薦されます。ブロック代表に選出されると11月12日に開催される全国大会へ出場することになります。



最優秀賞を受賞した平澤幸芽さん


大会結果は以下のとおりです。

※奨励賞は発表順に掲載


表彰式後、発表者・司会者全員で記念写真を撮影しました。

 

このページの先頭へ戻る

「平成29年度わたしの主張新潟県大会」を開催します

 県内13地区から代表として選ばれた中学生が、日常生活を送る中での思いや考え、感銘を受けた経験などを、自分の言葉で率直に発表します。
 今の中学生の思いや考えに触れる絶好の機会ですので、ぜひ会場でお聴きください。
 

日 時 平成29年9月18日(月・祝) 13:00~16:00

会 場 柏崎市文化会館アルフォーレ 大ホール
    (柏崎市日石町4番32号)

主 催 新潟県・新潟県教育委員会・新潟県青少年健全育成県民会議・国立青少年教育振興機構
共 催 柏崎市・柏崎市教育委員会

※入場無料・事前申込み不要。当日は手話通訳もあります。

 < 日程 >

12:15 ~ 開場・受付
13:00 ~ 開会式
13:20 ~ 主張発表
15:05 ~ アトラクション(新潟県立柏崎翔洋中等教育学校吹奏楽部)
15:40 ~ 表彰式・講評
16:00     閉会

 

<会場案内>
●JR柏崎駅 徒歩7分。
●柏崎インターチェンジから車で約10分。

 平成29年度わたしの主張新潟県大会 発表者  ← こちらから確認!

 

このページの先頭へ戻る

コピー~「平成29年度わたしの主張新潟県大会」を開催します

 県内13地区から代表として選ばれた中学生が、日常生活を送る中での思いや考え、感銘を受けた経験などを、自分の言葉で率直に発表します。
 今の中学生の思いや考えに触れる絶好の機会ですので、ぜひ会場でお聴きください。
 

日 時 平成29年9月18日(月・祝) 13:00~16:00

会 場 柏崎市文化会館アルフォーレ 大ホール
    (柏崎市日石町4番32号)

主 催 新潟県・新潟県教育委員会・新潟県青少年健全育成県民会議・国立青少年教育振興機構
共 催 柏崎市・柏崎市教育委員会

※入場無料・事前申込み不要。当日は手話通訳もあります。

 < 日程 >

12:15 ~ 開場・受付
13:00 ~ 開会式
13:20 ~ 主張発表
15:05 ~ アトラクション(新潟県立柏崎翔洋中等教育学校吹奏楽部)
15:40 ~ 表彰式・講評
16:00     閉会

 

<会場案内>
●JR柏崎駅 徒歩7分。
●柏崎インターチェンジから車で約10分。

 平成29年度わたしの主張新潟県大会 発表者  ← こちらから確認!

 

このページの先頭へ戻る

新潟県青少年健全育成県民会議総会を開催しました

平成29年6月2日(金)県庁講堂において、新潟県青少年健全育成県民会議総会を開催しました。

第52回を数える今回の総会では、議事に入る前に、県民会議会長表彰として、長年青少年の健全育成に携わる方々に対して表彰状を贈呈しました。今年度は、青少年健全育成功労者として9名、青少年健全育成功労団体として1団体、青少年育成市町村民会議として2団体が受賞されました。県民会議といたしましては、日頃の地道な活動に敬意を表し、引き続き表彰してまいります。

その後、平成28年度の決算、事業報告及び平成29年度の予算、事業計画を説明し、会員の皆様からの御質問、御意見等を伺いました。

 

     

          (会長あいさつ)                     (議事進行)

  

          (表彰の様子-1)                        (表彰の様子-2)

 ●平成28年度事業計画及び決算報告     

 ●平成29年度事業計画及び収支予算  

このページの先頭へ戻る

「おめさん どうらねぇ?」ラジオCM

 11月の「子ども・若者育成支援強調月間」に併せて、FMにいがたと新潟県青少年健全育成県民会議の共同キャンペーンとして、FMにいがたで放送している「おめさん、どうらねぇ」のラジオCMです。
 
 「大人が変われば子どもも変わる」を合言葉に、「ヤン」さんと「モトキ」さんが、子どもへの悪い見本となっている大人をコミカルに演じて「あなたはどうですか?」というメッセージを伝えています。 ぜひ、お聴きください!

【「おめさん、どうらねぇ」のラジオCM】

 01 モンスター編

 02 出世編

 03 再婚話編

 04 フィルタリング編


このページの先頭へ戻る

◆◆青少年健全育成ニュース「青少年にいがた」広告募集◆◆

収入確保対策の一環として、当県民会議が発行している機関誌「青少年にいがた」の空きスペースを利用して、広告を掲載することとしました。

「青少年にいがた」は、当県民会議会員のほか、他の都道府県及び新潟県内の市町村の青少年健全育成関係機関あてに、約700部配付しています。

広告掲載を希望される場合は、下記をご覧ください。

ご不明な点などございましたら、事務局までご連絡ください。  新潟県青少年健全育成県民会議事務局 電話:025-280-5214

 

【発行時期】

 

号   数

発行時期

申込み期限

平成24年度1号(No.302)

平成24年7月

        2号(No.303)

平成24年9月

平成24年7月31日

        3号(No.304)

平成25年1月

平成24年11月30日

        4号(No.305)

平成25年3月

平成25年1月31日

※平成24年度1号(No.302)は発行済みです。

 

 【広告掲載料】

 1ヵ所につき1,000円

【掲載サイズ】

 横170mm×縦13mm

 【掲載場所】

   ここに広告が入ります。

 【広告掲載要綱、基準】

 広告掲載要綱 topics/userfiles/file/youkou.pdf

 広告掲載基準 topics/userfiles/file/kijun.pdf

 ※申込み書類については、電子データをお送りしますので、事務局までご連絡ください。

このページの先頭へ戻る

明るい家庭づくり運動に関する作文表彰式を行いました

  県では、毎月第3日曜日を「家庭の日」と定め、明るい家庭づくり運動を推進しています。

  この運動を広く県民に知ってもらうことを目的に、毎年「明るい家庭」をテーマとした作文を募集しており、今年度で46回目を迎えました。

  今年度は280編の応募があり、審査結果は以下のとおりとなりました。

  また、2月19日(日)には最優秀賞、優秀賞、奨励賞受賞者をお招きし、表彰式を行いました。

 審査の結果は以下のとおりです。

小学校低学年の部

 

 賞

 市町村名

 学校名

 学年

 氏  名

 題  名

 最優秀賞  佐渡市  新穂小学校

1

 本田 恵万  お父さんからおしえてもらったこと
 優秀賞  魚沼市  広神東小学校

1

 青山 悠聖  おうちが二つになってたのしいな
 奨励賞  新潟市  立仏小学校

2

 米倉 涼葉  楽しい楽しいぬり絵コンテスト
 佳作  佐渡市  前浜小学校

1

 川端 秀美  うしはかぞく
 佳作  佐渡市  金泉小学校

1

 本田 渚  みそづくり
 佳作  新潟市  浜浦小学校

2

 佐野 芙有香  わたしのじまんの家ぞく、お父さん

 

小学校中学年の部

 

 

 市町村名

 学校名

 学年

 氏  名

 題  名

 最優秀賞  新潟市  新潟小学校

4

 高橋 美月  家族で守った一本の柿の木
 優秀賞  新潟市  浜浦小学校

4

 宮崎 真有  楽しみになった習字
 奨励賞  糸魚川市  磯部小学校

4

 久保田 瑠衣  海とお父さんが大好き
 佳作  新潟市  浜浦小学校

3

 中村 旭陽  家族がふえた
 佳作  新潟市  浜浦小学校

3

 大島 はるか  明るい家庭づくり運動

 

小学校高学年の部

 

 

 市町村名

 学校名

 学年

 氏  名

 題  名

 最優秀賞  阿賀野市  京ヶ瀬小学校

5

 上野 風晴  家族とぼくの空手道
 優秀賞  阿賀野市  水原小学校

5

 宮田 眞生子  お父さん、お帰りなさい
 奨励賞  阿賀野市  水原小学校

5

 町田 奏美  小さな家族が教えてくれたこと
 佳作  阿賀野市  堀越小学校

5

 小林 優菜  じいちゃんからのプレゼント
 佳作  佐渡市  金泉小学校

5

 吉村 未央  家族と共に

 

 中学生の部

 

 

 市町村名

 学校名

 学年

 氏  名

 題  名

 最優秀賞  上越市  清里中学校

2

 堀川 瑛里那  入院、というプレゼント
 優秀賞  佐渡市  真野中学校

2

 三浦 栞奈  家族会議に「ありがとう」
 奨励賞  上越市  清里中学校

1

 平田 彩花  宝物、笑顔がくれた八人家族
 佳作  上越市  清里中学校

1

 丸山 加恵  笑顔を作る味
 佳作  上越市  清里中学校

2

 酒井 あいり  これが、私の家族!

 

 

最優秀賞受賞者の作品はこちらからご覧になれます。

小学校低学年の部 最優秀賞→topics/files/elfinder/teigakunenn1.pdf

小学校中学年の部 最優秀賞→topics/files/elfinder/chuugakunenn1.pdf

小学校高学年の部 最優秀賞→topics/files/elfinder/kougakunenn1.pdf

中学生の部      最優秀賞→topics/files/elfinder/chuugakusei1.pdf

このページの先頭へ戻る